GNU Octave を Mac OS Xにインストールする

大学の数値計算法・数理アルゴリズムなどの授業でMatlabを使わないといけないのですが、 Matlabを買うお金がなかったので、代替ソフトとしてGNU OctaveをMac OS Xに入れました。

けっこうハマりどころが多かったのでメモします。

GNU Octaveについて

wikipediaからの抜粋です。

GNU Octaveとは、MATLABと互換性を持ったフリーな数値解析ソフトウェアであり、GNUで開発している。 MATLABとの互換性を主に目指しており、MATLABの機能の多くをOctaveも持っている。また MATLAB のために書かれたプログラムも修正せずに動作するものが多い。

GNU Octave

Mountain Lion にしたらHomebrewがおかしくなった人はこれ

Mountain Lion にしたら、Homebrewがおかしくなった人は、まず次のリンクを参考にしてFixしましょう。

Get Mountain Lion and Homebrew to Be Happy

HomebrewでOctaveを入れる

# リポジトリ追加
brew tap free/open
# updateしないとうまくいかなかった
brew update
# OctaveのコンパイルにFortranのコンパイラが必要
brew install gfortran
# ようやくOctaveがコンパイルできる
brew install octave

plotとかでグラフを描けるようにする

Octave自体には、グラフの描画機能はなく、gnuplotに依存しているのでgnuplotを入れます。

brew install gnuplot

次に、GNUTERMという環境変数を設定します。

# ~/.bash_profile
export GNUTERM=x11

次にsource ~/.bash_profileをするかログインし直せばOctaveでplotなどからグラフを描画できるようになります。

ちなみに、GNUTERMを設定しないとこういう感じのエラーになります。

octave :1> plot(x)
gnuplot> set terminal aqua enhanced title "Figure 1" size 560 420  font "*,6"
                      ^
         line 0: unknown or ambiguous terminal type; type just 'set terminal' for a list

MacのターミナルからOctaveを使うための設定

まとめ

これで、計算機室のゴミみたいなマシンを使わずとも課題ができます。

comments powered by Disqus

gam0022.net

Qiita