JavaScriptのメモ

最近、COJTという授業でWebGLとHTML5、JavaScriptなどを駆使して、3Dを使ったカバンの商品カタログのような物体を生成しています。

JavaScriptなどについて色々調べているので、有益そうなことをメモします。

とりあえず、動くようになったので、公開用のURLを晒しておきます。

COJT用の何か

実は、開発方法が色々とアレなのですが、ここでは深く言わないことにします。

JavaScriptそのものについて

私のようにクラスベースオブジェクト指向の言語から入った人間にとっては、 JavaScriptのプロトタイプベースオブジェクト指向はなかなか馴染みにくいものでした。

そういう人は、以下のサイトなどから、JavaScriptのOOPについて学習するのが良いと思います。

イーズ・アウト について

COJT用の何かをみてもらえれば分かると思うのですが、棚の回転やパネルのポップアップの動きが 等速ではなく、動きの終わりに減速するようになっていると思います。

動きの終わりに減速する動きを「イーズ・アウト」と呼ぶそうです。

イーズ・アウトは重要で、フレーム数が限られた描画でも滑らかに動きに見せることができます。

ぶっちゃけ、COJTで学んだ一番のことと言うと、イーズ・アウトという単語を覚えたことな気がします。

イーズ・アウトの実現方法は色々とあると思いますが、私は次の関数で実装することにしました。

{% math%} f(t) = 1 - exp(-6t) {% endmath %}

tは時間で、tを0〜1の間で変化させると、f(t)が良い感じにイーズアウトする物体の座標になります。

この式は、次のサイトから知りました。

指数関数を使ったお手軽イーズ・アウト

spinrfの実装

JavaScriptには、spinrfがないので、自分で実装するか、誰かが作った実装を使う必要があります。

単純な用途なら、この実装で十分だと思いました。

連載:jQuery逆引きリファレンス:第5回 コア編 (1113) @IT より

// sprintf('{0}は{1}', '猫', 'うろうろ'); => '猫はうろうろ'
sprintf = function(format) {

  // 第2引数以降を順に処理
  for (var i = 1; i < arguments.length; i++) {

    // 正規表現でプレイスホルダと対応する引数の値を置換処理
    var reg = new RegExp('\\{' + (i - 1) + '\\}', 'g');
    format = format.replace(reg, arguments[i]);
  }

  // 最終的な置き換え結果を戻り値として返す
  return format;
};

Android の判定

Android からアクセスされたときだけ、JavaScriptで別の処理をしたい場合があったのですが、 userAgentを使うことで判定できました。

var agent = navigator.userAgent;
this.is_android = false;
if(agent.search(/Android/) != -1){
  this.is_android = true;
}

まとめ

あまりJavaScriptのメモではないですね。

他にも書きたいことがあるのですが、MatrixEngine というレアな開発環境のために、 記事にしてもたぶん必要とする人がいないので、MatrixEngine については書きませんでした。

しかし、COJTのアレのリポジトリをgithubに上げているので、それを見れば、少しは開発の苦労が想像できるかもしれません。

COJT用に作った何か github

comments powered by Disqus

gam0022.net

Qiita

Hatena Blog

gam0022.net

RSS Feed Widget

Qiita

RSS Feed Widget

Hatena Blog

RSS Feed Widget