Octopressで定義リストを使う

定義リストを使いたい

Markdownは楽で便利なのですが、残念なことに標準ではMarkdownは定義リスト<dl>を使えません。

Markdownでは、HTMLを埋め込めるので、手打ちでHTMLを書くことで対処できますが、 それだと負けた気分になってしまいます。

Octopress(というか、Jekyll)では、標準のMarkdownのパーサを変更できるので、 定義リストを使えるParserに変更して対処しました。

調べたところOctopressでサポートされていて、 定義リストを扱えるパーサは次の2つでした。

  • kramdown
  • maruku

両方使ってみたのですが、 marukuの方は既存のmarkdownをうまく解釈してくれなかったので、 kramdownを使うことにしました。

Markdownのパーサの変更方法

_config.yml の 変更

_config.ymlmarkdownkramdown に変更します。

# _config.yml
code_dir: downloads/code
 category_dir: blog/categories
 category_title_prefix: "Category: "
-markdown: rdiscount
+#markdown: rdiscount
+markdown: kramdown
 paginate: 10          # Posts per page on the blog index
 pagination_dir: blog  # Directory base for pagination URLs eg. /blog/page/2/

Gemfile の変更

まず、Gemfilegem 'kramdown'を付け足します。

#  Gemfile
   gem 'rack', '~> 1.4.1'
   gem 'jekyll', '~> 0.11.2'
   gem 'rdiscount', '~> 1.6.8'
+  gem 'kramdown'
   gem 'pygments.rb', '~> 0.2.12'
   gem 'RedCloth', '~> 4.2.9'
   gem 'haml', '~> 3.1.6'

次に、bundle install します。

確認

最後に、rake generaterake previewで確認しましょう。

ちなみに、kramdownの定義リストは次のように書きます。

定義リストの例

名前
: がむ
: gam0022

HOGE
: * aaa
: * bbb

プレビュー

名前
がむ
gam0022
HOGE
  • aaa
  • bbb
comments powered by Disqus

gam0022.net

Qiita

Hatena Blog

gam0022.net

RSS Feed Widget

Qiita

RSS Feed Widget

Hatena Blog

RSS Feed Widget