Canvasでハマった点まとめ

Twitter名刺ジェネレータを作るにあたって、 Canvas を使ったので、勉強になったことを適当にメモします。

関連記事

canvas#toDataURL() の注意点

canvas#toDataURL() の注意点なのですが、 一度でもクロスドメインで読み込んだファイルを描画した canvas に対して使うと、 Uncaught SecurityError: An attempt was made to break through the security policy of the user agent. というエラーがでます。

クロスドメインで取得したImageを引数にしても、context#drawImage()は成功するので、すこし気が付きにくいと思いました。

Chrome バージョン 29.0.1547.65 で確認しました。

Canvas で複数行のテキストを描画する

Canvas で、指定した幅でテキストを改行させたかったのですが、標準の関数では実現できませんでした。

仕方ないので、指定した幅で文字列を分割して配列に入れる関数を作って、 複数回に分けて context#fillText() をするしかないようです。

twitter-meishi-generator / js / functions.js

Canvas で複数行のテキストを描画する

// http://ninoha.com/?p=60
/*
      文字列を指定幅ごとに区切る

      context : 描画コンテキスト
      text    : 変換元の文字列
      width   : 1行の最大幅

      戻り値  : 1行毎に分割した文字列の配列
*/
function multilineText(context, text, width) {
    var len = text.length;
    var strArray = [];
    var tmp = "";
    var i = 0;

    if( len < 1 ){
        //textの文字数が0だったら終わり
        return strArray;
    }

    for( i = 0; i < len; i++ ){
        var c = text.charAt(i);  //textから1文字抽出
        if( c == "\n" ){
            /* 改行コードの場合はそれまでの文字列を配列にセット */
            strArray.push( tmp );
            tmp = "";

            continue;
        }

        /* contextの現在のフォントスタイルで描画したときの長さを取得 */
        if (context.measureText( tmp + c ).width <= width){
            /* 指定幅を超えるまでは文字列を繋げていく */
            tmp += c;
        }else{
            /* 超えたら、それまでの文字列を配列にセット */
            strArray.push( tmp );
            tmp = c;
        }
    }

    /* 繋げたままの分があれば回収 */
    if( tmp.length > 0 )
        strArray.push( tmp );

    return strArray;
}

function fillMultilineText(context, text, width, x, y, line_height, max_line) {
  var ary = multilineText(context, text, width);
  var n = ary.length;
  if (n > max_line) {
    n = max_line;
  }
  for (var i = 0; i < n; ++i) {
    context.fillText(ary[i], x, y + line_height * i);
  }
}
comments powered by Disqus

gam0022.net

Qiita

Hatena Blog

gam0022.net

RSS Feed Widget

Qiita

RSS Feed Widget

Hatena Blog

RSS Feed Widget